肌の透明感を出すにはクレンジングバームが良い!その意外な理由とは?

肌の透明感を出すにはクレンジングバームが良い!その意外な理由とは?

 

シミやくすみが気になっていたり、顔全体がくすんで見えてしまっていると、やはり肌に“透明感”が欲しくなりますよね。
化粧水や美容液で毎日スキンケアを頑張っていても、なかなか思うように透明感を手に入れられない女性は多いです。

 

そんなときは、「クレンジング」に注目してみましょう。
実は、さまざまな肌トラブルを引き起こしている原因がクレンジングに隠されている可能性もあるため、まずは普段のクレンジングを見直してみることをおすすめします。

 

特にクレンジング剤は、自分の肌に合っているものを選ばなければ、肌質を悪化させてしまう恐れもあります。

 

肌の透明感を出すためにおすすめなのは「クレンジングバーム」です。

 

DUOクレンジングバームなどで話題になったバーム状のクレンジング剤は、肌に乗せると体温でとろけてオイルに変化します。
不思議なテクスチャで女性たちの興味を引き、さらに性能の高さで話題になりました。

 

DUOクレンジングバームには超微粒子の「毛穴クリアカプセル」が配合されており、毛穴の奥まで洗浄成分&保湿成分を届けます。
毛穴の奥から汚れを除去してスッキリできるので、すっぴんでも透明感のある肌が手に入るのです。

 

 

他のクレンジングとクレンジングバームの違い

 

クレンジングバームは透明感肌を手に入れるために効果的だと言われていますが、具体的には他のクレンジング剤と比べてどのような違いがあるのでしょうか?

 

クレンジングバームはバーム状のクレンジング剤なので、使用する前は固形であることがほとんどです。

 

例えばDUOクレンジングバームの場合、専用の小さなスプーンで適量のバームを掬い、手に取って使用します。
そして、バーム状のクレンジング剤は体温でとろける性質を持っているため、顔に乗せて伸ばしているうちにトロリととろけてオイルに変化していきます。
洗浄成分や保湿成分、美容成分などが豊富に含まれたバームがオイルに変化することで、より密着して肌全体に馴染んでいきます。
最終的にはオイル状になるわけですが、始めからオイルタイプのクレンジング剤とは違い、肌への刺激が抑えめになっている製品が多いです。

 

そのため、オイルクレンジングのようにきちんと汚れを落とせる洗浄力を持ちながらも、肌に負担を掛けないやさしいクレンジング剤なのです。
また、元の状態が固形なので液だれしにくいというのも特徴のひとつです。
くすみが気になる部分にピンポイントでバームを乗せて使用できますし、まつ毛エクステをしている人でも目元を避けてクレンジングできるでしょう。

 

 

そもそも透明感とは?その条件

 

透明感のある肌になりたい」と願う女性が多いですが、そもそも透明感とはどのような肌のことを指しているのでしょうか?
“透明感”は、単なる肌の“白さ”とはまた違ったものであるイメージですよね。
透明感の条件を知って、スキンケアで目指していく具体的な目標を見定めましょう。

 

透明感のある肌と聞いてイメージするのは「シミやくすみのない肌」「日焼けしていない肌」「凹凸のない滑らかな肌」など色々ありますが、共通して言えるのは「肌が保持する水分量の多い肌」「毛穴まできれいな清潔肌」の2つではないでしょうか?

 

水分量の多い肌は、肌細胞一つひとつの機能が高く、正常なターンオーバーが繰り返されます。
正常なターンオーバーによって常にイキイキとした肌細胞を維持できれば、肌トラブルを引き起こさない透明感のある肌になれるでしょう。

 

また、肌の状態をできるだけ良いものに保つためにも、汚れをきちんと落としておくのはとても大切なことです。
特に毛穴の奥に入り込んだ汚れは、普段の洗顔だけではなかなか落とし切れていないことが多いです。
知らず知らずのうちに皮脂汚れやメイク残りが毛穴の奥に入り込み、顔全体をくすんだ印象に見せてしまっているかもしれません。

 

DUOクレンジングバーム↓初回半額!

page top