透明感を出すメイク方法!選ぶべきメイク道具とは?

透明感を出すメイク方法!選ぶべきメイク道具とは?

 

 

透明感を出すメイクをするのに、ごてごてした厚化粧は不向きですよね。

 

最近は薄くて、軽くて、カバー力もあるファンデーションがたくさん出ているんです。

 

夏場の汗にも強くて、崩れにくいものが続々と登場しています。

 

注目したのは、「水ファンデーション

 

軽いのに皮脂に強いので、夏にはもってこいのファンデーションなんです。

 

エテュセから発売された、化粧水ファンデーションはプチプラなのに優秀なアイテムですよ。

 

スキンケアもしてくれるのに、皮脂を吸収してくれる成分も配合されています。

 

女子に嬉しいファンデーションですよね。

 

軽いテクスチャーですから、塗り直しも簡単です。

 

ナチュラルな透明感が作れますよ。

 

 

透明感といっても、パッチリお目々は欲しいところですよね。

 

目を印象付けるためにはアイラインが必須です。

 

透明感のあるメイクのためには、アイライナーを使わないメイクがポイントです。

 

いつもより濃い目のアイシャドウで、デカ目を作りましょう。

 

 

透明感のある顔を作るためのリップとチーク

 

透明感のある素顔っぽさを前面に出すのが正解です。

 

すっぴんよりも少し骨格を強調するためのチークだったり、リップクリームだけよりもほんのり色づいている唇にするのがいいんです。

 

リップスティック派なら、自分の唇の色が透けるタイプがおすすめです。

 

そうでなければオレンジ系のグロスや、色付きリップクリームもいいですよね。

 

 

簡単にできる透明感肌メイク

 

ファンデーションは、リキッドタイプやパウダータイプ

 

さらにはBBクリームにCCクリームと種類がたくさんあります。

 

どれがいいのか迷ってしまいますよね。

 

メイクで透明感を出したいときは、ツヤツヤ感が出やすいリキッドファンデーションがいいでしょう。

 

素肌に自信がある人は、ファンデーションは塗らず、下地+コンシーラーだけでもいいでしょう。

 

 

透明感を演出するメイク

 

透明感を強調したいなら、ファンデーションの厚塗りはご法度です。

 

顔全体にファンデーションを同じように塗っているという人は、塗り方を変えてみるといいでしょう。

 

全体的に同じように塗ると、どうしても厚ぼったく見えてしまうんです。

 

ファンデーションは、顔の中央と頬をメインに、目元やフェイスラインはほぼ素肌というくらい薄くするといいですよ。

 

メーカーによって異なるかもしれませんが、指を使って塗った後にスポンジを使ってパッティングすることでメイクが崩れにくくなるんです。

 

 

目の下や小鼻など

 

気になるところはコンシーラーでカバーしましょう。

 

目の下や小鼻は、クマや赤みなど色むらが気になるパーツです。

 

ここはコンシーラーでカバーしましょう。

 

シミやニキビ跡などのお悩みにもコンシーラーが活躍してくれます。

 

コンシーラーは、カバーしたい部分によって、適切な色テクスチャーが異なります。

 

自分の肌の悩みや肌色と合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

くすんだ肌はメイクでも難しい

 

いつものメイクをしているのに、今日は肌がくすんでる…。

 

メイクのノリが悪いかも…

 

と思ったことはないでしょうか。

 

忙しくてもできる簡単ケアをいつものスキンケアにプラスするだけで、見違えるほどぱっと明るい肌に近づくことができるんです。

 

いつものスキンケアとメイクをしているのに顔色が冴えない…

 

普段通りのスキンケアとベースメイクをしているにも関わらず、ファンデーションのノリが悪かったり、顔色がどんよりくすんでいて冴えない…

 

なんて人は、メイク前のスキンケアをもう一度見直してみるといいでしょう。

 

メイク前の下準備となるスキンケアを適当に済ませていると、ノリが悪くなって崩れやすくなってしまうんです。

 

忙しい朝でもささっとできる簡単ケアをプラスすることで明るい肌を手に入れましょう。

 

ファンデーションのノリをアップさせるには、徹底的な保湿ケアが大切です。

 

くすみや顔色の悪さを改善させるには温めてからマッサージケアをするのがコツです。

 

DUOクレンジングバーム↓初回半額!

page top