マツエクのもちが悪いのはクレンジング剤に問題が!

マツエクの持ちが悪いのはクレンジング剤に問題が!

 

マスカラやつけまつげで盛らなくてもくっきりとした目元になれる「マツエク」は、いまや多くの女性たちが気軽に挑戦できるお洒落の一つになっています。
サロンでつけてもらうマツエクはお金がかかってしまうものの、きちんとお手入れしていればすぐに取れてしまうことはありません。
マツエクの本数にもよりますが、マツエクが持つ期間は平均で3週間〜1か月間と言われており、日頃のお手入れを怠らなければそれなりに持つものです。

 

マツエクの持ちが悪くて悩んでいる人は、クレンジング剤を見直してみましょう。

マツエクをしているときは、「オイルクレンジング」を使ってはいけません。
オイルクレンジングは洗浄力が高く、ゴテゴテメイクでも落とせてしまうので愛用している人が多いのではないでしょうか?
しかし、マツエクをつけている接着剤(グルー)がオイルクレンジングに弱く、マツエクをしているときのオイルクレンジングは持ちを悪くしてしまいます。
マツエクを長持ちさせたいときは、オイル以外のクレンジング剤を使用しましょう。
ジェルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプ、シートタイプ……など、クレンジング剤にはさまざまなものがあります。

 

 

 

マツエクでもクレンジングは必要

 

 

マツエクをしているときのクレンジングは、使用するクレンジング剤やクレンジングの仕方によっては、マツエクの持ちを悪くしてしまうことがあります。
「できれば目元を避けてクレンジングしたい」と思うこともあるかもしれませんが、アイラインやアイシャドウを使用したメイクはきちんと落とさなければなりません。

 

マツエクの接着剤(グルー)に影響を与えてしまわないよう、クレンジングシートでアイメイクを擦って落としている人もいるかもしれませんが、その方法はあまり良いとは言えません。
目元の皮膚は、他の部分の皮膚に比べて薄くてデリケートです。
アイメイクを落とさずに寝てしまうのはもちろん、クレンジングシートでゴシゴシと擦るのも肌にとっては大きなダメージとなってしまいます。
マツエクを避けてアイメイクを落とせる方法のひとつではありますが、目元のしわやたるみを引き起こす恐れがあるため、日々のケアとして取り入れるにはあまりおすすめできません。

 

とは言え、クレンジングをしないわけにもいかないし……
そんなときは、クレンジングウォーターでやさしく「拭き取るクレンジング」を行うことをおすすめします。

 

 

 

マツエクをしているときのクレンジング法

 

 

マツエクをしているときは、オイルクレンジングを避け、ポイントメイク用のクレンジングシートやクレンジングジェルなどを選ぶと良いでしょう。
洗い流すクレンジングではなく、拭き取るクレンジングとして販売されているクレンジングウォーターなどでも良いかもしれません。
なるべくマツエクにクレンジング剤を付着させないよう気を付け、直接シャワーを当てないようにしましょう。
アイメイクを落とすときは、「綿棒」を使用するのがおすすめです。

 

綿棒にクレンジング剤を含ませ、アイラインやアイシャドウを軽く撫でるようにして落とします。
アイホールに広く施したメイクは、指の腹で丁寧に落とすと良いでしょう。
拭き取るタイプのクレンジング剤なら非常に便利ですが、もしも洗い流さなければいけないときは、手ですくった水でやさしく洗いましょう。

 

また、クレンジング後に洗顔を行う場合は、洗顔フォームがマツエクに付着しないよう気を付けましょう。
基本的な洗顔の仕方はクレンジングと同じで、泡の付着を避け、手ですくった水でやさしく洗います。

 

ただし、マツエクをつけてから6時間はまつげを濡らさないほうが良いため、普段通りに洗顔してしまわないよう注意しましょう。

洗顔後に肌に残った水分を拭き取るときは、タオルよりもティッシュなどの刺激が少ないものが良いです。

 

DUOクレンジングバーム↓初回半額!

page top