フランス人の肌がきれいな秘密は洗顔をしないって本当?

フランス人の肌がきれいな秘密は洗顔をしないって本当?

 

 

きれいな肌、美しい肌をつくる基本は“洗顔”と言われています。
しかし、肌がきれいな人が多いフランス女性は「顔を洗わない」という話を聞いたことはありませんか?
フランスでは、ぱちゃっと顔に水をかける程度の洗顔しかしない女性が多く、もこもこ泡の洗顔フォームを使用する女性もほとんどいません。
それどころか、「洗顔をすると肌が老化する」と幼い頃から言われて育った人もいるようです。
日本では基本となっているスキンケアと、フランス人のスキンケアには大きな違いがあることがわかります。

 

また、フランスで生まれた化粧品ブランドは数多くありますが、国内で愛用されている化粧品ブランドはごくわずかなようです。
化粧品に頼るのではなく、シンプルな洗顔・シンプルなスキンケアで美肌を保っているフランス人は、あまり化粧品を購入しません。
肌が乾燥するときは、バターやオリーブオイル、豚や鶏の脂などの食べ物で油分を補うことが多いようです。

過度なスキンケアは行わないフランス人の姿勢が、肌本来の力を発揮させることに繋がっているのかもしれません。

フランス国内で広く愛用されている化粧品も、肌が持つ本来の機能を重視しているものが多いようです。

 

 

 

水道水に秘密が!

 

 

フランスの女性は、もこもこ泡の洗顔フォームや市販のピーリングジェルなどを使用することがほとんどなく、「洗顔をしない」と言われることもあるほどです。
朝起きてから、ぱちゃっと顔に水をかける程度の洗顔を行い、それ以上のケアはしません。
夜のクレンジングは、クレンジングウォーターなどで「拭き取る」のが基本です。
水やお湯で洗い流すクレンジングは行わず、メイクを拭き取ったあとの洗顔も行いません。

 

フランス人があまり顔を洗わない理由は、「水道水」にあります。
フランスの水は硬水で、石灰質を多く含んでいます。
湯沸かし器やシャワールームなどでは、白く固まった石灰を目にすることもあり、水道水で洗顔をすると肌に石灰質が付着してしまうことがよくわかります。
そのため、フランス人は水道水で洗顔をせず、メイク落としは「拭き取る」スタイルが基本になっているのです。
フランスで売られているクレンジングウォーターは、メイク落とし&洗顔の役割を兼ね備えているため、クレンジング後の洗顔が不要です。
また、石灰質を多く含んだ水道水で顔を洗うと、肌が乾燥しやすくなってしまいます。
乾燥肌を防ぐために、油分を多く摂取できる食べ物を好んだり、保湿ケアに特に力を入れていたりと、フランス人なりの美容法があるようです。

 

 

 

フランス人の美容法

 

 

フランスの水道水は日本の水道水とは質が異なるため、フランス人は積極的に洗顔を行うことがありません。
日常的なスキンケアの方法も、日本人とは大きく異なります。
日本人は「洗顔」が美肌の基本だと考えていますが、フランス人にとっての美肌の基本は「保湿」です。
フランスの水は石灰質を多く含んだ硬水なので、必要以上に洗顔をすると肌荒れ・乾燥などを引き起こしてしまいます。
そのため、フランス人は必要以上の洗顔は行わず、「保湿ケア」を重視することできれいな肌を維持しています。

 

例えば、フランス人の朝のスキンケアです。
洗顔をする人は、水をぱちゃっと顔にかけるだけに留め、肌の汚れはローションやクレンジングウォーターで拭き取ります。
保湿クリームで肌のうるおいを整えたら、朝のスキンケアは完了です。

とても手軽で驚いてしまうかもしれませんが、このシンプルなスキンケアがフランス人のきれいな肌を保つ美容法です。
また、フランスではクレンジングウォーターが広く愛用されていますが、クレンジングウォーターではなくミルクタイプのローションを使ったスキンケアも美肌に効果的です。
ミルクタイプをコットンにたっぷりのせて使えば、肌への摩擦・刺激を減らせるので、さらにやさしいスキンケアができます。

 

DUOクレンジングバーム↓初回半額!

page top