意外と難しい自分に合ったファンデーション選び

 

ファンデーションの選び方の基準として、顔ではなく首に合わせた方が良いと言われています。
自分に合った色が分からない人は、きっとその方法で選ぶことが多いと思います。

 

いつも同じものを使っている人は、毎回色を悩まなくても良いと思いますが、メーカーやシリーズによって若干色合いが異なるため、同じオークルでも暗かったり明るかったりするのです。
同じ肌色でも、オークルだけではなくベージュ、ピンクなどがあり、色白、黄色より、健康的な日焼け肌などで全く色が違うのです。

 

また、人間の肌色は一年中同じではなく、冬から春は白っぽく、夏から秋にかけては日焼けが残り黒っぽいのが一般的です。
ですから、本当に自分の肌に合った色を選ぶには、季節で使い分けた方が良いようです。
できれば、化粧品コーナーの店員さんに実際にファンデーションを塗ってもらい、肌の色にぴったり合った色を選んでもらうのが一番です、

 

ファンデーション選びに適した部分

ファンデーション

 

それでは、色を選ぶ際に実際にどの部分に塗るのが正解でしょうか?
お店の試供品を使って色を選ぶ際は、どうしても手の甲に塗ってしまいますが、比べてみると分かる通り顔と手の色は全く違います。

 

ですから、テクチャーの感触を試すには良いかもしれませんが、色合わせには意味がないと言うことになります。
それでは、自分の顔の色に合ったファンデーションの色は、どこに塗ってみるのが良いのでしょう?
それは、頬の下の方です。
首との境目も意識しながら何色か並べて塗り、一番馴染む色を選ぶと顔だけが白く浮いてしまったり、逆に顔だけが黒っぽくて顔色が悪いなんてことにはなりません。

 

自分で色を選ぶと、どうしても肌の色を白く見せたくなり、実際よりも白い色を選んでしまいがちです。
そうなると、首と顔にはっきりと境目ができ、いかにも「塗りたくってます!」といった感じのメイクになったり、とても古臭いイメージになるので気を付けましょう!

 

どうしても肌の色に合ったファンデーションが見つからない場合は、下地で調節することができます。
例えば、グリーンやピンク、イエローの下地は肌の赤みやムラなどを調節する効果があります。

 

・グリーン・・・ニキビ跡、赤ら顔の色を調節
・イエロー・・・肌のムラを解消
・ピンク・・・顔色を明るく調整

 

このようなコントロールカラーを上手に使うと、いまいち肌の色に合わなかったファンデーションがぴったり合ったものになるかもしれません。

 

最高のクレンジングバーム↓が見つかる!

page top