透明肌を演出するにはファンデーション前の下地が重要!おすすめは?

透明肌を演出するにはファンデーション前の下地が重要!おすすめは?

 

 

肌に透明感を出すためにはお肌のお手入れも重要なのですが、他に化粧品の選び方も重要となります。

 

特に化粧の際に使用するファンデーションよりも、その前に使用する化粧下地の方が重要となります。

 

化粧下地の選び方を間違えると、肌はくすんだままの状態で化粧が仕上がってしまいます。

 

透明感をしっかりと引き出すためにも、正しい化粧下地を選ぶようにしましょう。

 

まずおすすめなのはくすみをなくすカラーを選ぶことがおすすめです。

 

光沢のある肌を出してくれる化粧下地となっていますなんかできない、光を集めてくれるのでくすみが和らぎます。

 

おすすめの化粧下地はブルーカラー、白さと透明感を引き出してくれる最強のアイテムとなってくれます。

 

またUVカットが配合されている下地や皮脂を抑える下地にすると、日焼けから肌を守り、テカリも抑えられるので、長時間透明感が継続できます。

 

他にもシミやくすみをカバーできるタイプの下地にしておくと、コンシーラーの代わりとなってしっかりカバーすることができるでしょう。

 

下地一つで肌の透明感や印象はかなり大きく変わるものです。

 

まずは透明感に欠かせないブルーカラーを試してみて、しっかりと透明感が引き出せるような化粧ができるようにしてくださいね。

 

 

選ぶべき下地

 

化粧下地を選ぶにあたって、下地だからどんなものでも良いと思っている方はいませんか?

 

実はその選び方は間違っているのです。

 

化粧下地もきちんと選ばなければ、自分の肌に合っていない透明感とは程遠い仕上がりになってしまうのです。

 

選ぶべき下地をしっかりと見極めて、化粧の仕上がりレベルをあげていきましょう。

 

まず選ぶべきなのは透明感に欠かせないブルーカラーの下地なのですが、肌の色が黒い方には白すぎる場合があります。

 

肌の血色が悪い方がブルーカラーを選んでしまうと、余計顔色が悪く見える可能性もあるのです。

 

まずは自分がどんな肌の色なのかを見極めてから下地を選ぶようにしましょう。

 

健康的に顔色を明るくするだけでも、肌に透明感が出たように見える場合があります。

 

明るめの下地ならピンクカラーを選びましょう。

 

そして赤み肌が気になる方はブルーカラーを、さらにピンクもブルーも合わなかった方はラベンダー系の色を選ぶと良いですね。

 

また下地には必ずカバー力があるものを、そしてできればパール系のものを選ぶことで、透明感をより一層出すことができるようになります。

 

人それぞれ肌の状態や色み具合も違ってくるので、しっかりと自分が選ぶべき色などを把握してから自分だけの下地を選んでくださいね。

 

 

透明肌を作るメイク

 

メイクでも肌の透明感を作ることができるのですが、下地だけではなく全体的にどのようにすれば良いのでしょうか。

 

まず透明感に重要な下地、色を自分に合わせて透明感が出るもの、そしてくすみもしっかりとカバーできるものを選びましょう。

 

そして次に重要となるのがコントロールカラーです。

 

下地をつけた後は肌の色ムラを修正するために必ず使用するようにしましょう。

 

下地やコントロールカラーでしっかりと土台を作り上げた後は、ファンデーションで仕上げます。

 

ファンデーションは下地がしっかりと作られていれば、たくさん塗りこむ必要はありません。

 

パウダーならのせる程度でリキッドなら小粒大で十分です。

 

また顔の中心から外側に向けるようにして伸ばし、フェースラインや首筋の境目などはぼかすようにすると、より一層透明感を引き出すことができます。

 

ファンデーションの後はアイメイク、こちらにも注意しましょう。

 

できるだけアイシャドウはパール系などツヤ感を出すことができるグリッタータイプを使いましょう。

 

明るいグレーは意外にも目元のくすみを消し、透明感が引き出せると言われています。

 

そして最後は必ずチークを使いましょう。

 

ボルドーや少し落としめの色を使用すると、垢抜けた透明感のあるメイクに仕上がるでしょう。

 

メイク一つで透明感は大きく変わるので、しっかりと手順やメイクの種類を選んで透明肌を作りましょう。

 

 

最高のクレンジングバーム↓が見つかる!

page top