30代以降はアイラインが重要!上手な引き方と裏技

30代以降はアイラインが重要!上手な引き方と裏技

 

 

最近の若い子たちを見ると「本当が分からないほどの濃いメイクをするな〜しかもみんな同じ!」なんて思うことが多く、すっぴんは小さい目で一重でも信じられないくらい目を大きく見せる技術があるんですね・・・アイプチやバサバサのつけまつ毛、黒目を大きく見せてくれるディファインコンタクトを装着すれば、街中でわが子がいても気づかないのでは?と思うほどの変身ぶりで、まるで別人になるのは正直やり過ぎのような・・・

 

30代以降も流行のメイクを取り入れるべきか?

 

でも、考えてみると自分達が若いころも流行りのメイクがあり、モデルも芸能人も私たちもみんな同じようなアイメイクをしていましたよね?
しかも、友人のなかにそのメイクを未だに引きずっている人がいて完全に時代遅れ!という感じで、逆に老けて見えるんですよね〜ちなみに私が若いころはブルーのアイシャドウに細い眉、ブラウン系の口紅が流行っていたんです。

 

まさに安室ちゃんの真似をした女の子ばかりで、ブルーのアイシャドウだけでなぜかお洒落に見えてしまう時代だったような・・・今私達世代がブルーのアイシャドウを使ってしまうと恐ろしく若作りしたオバサンになってしまうので、気を付けないといけませんね〜

 

当時は、アムラーと呼ばれる人たちがたくさんいて顔グロにブルーのシャドウ、厚底靴やルーズソックスがお洒落の最先端だった時代です。
のちにそれが進化してヤマンバメイクなどの強烈な人たちが出現したのかもしれませんが、後から考えると当時はやっていたメイクや服装って今となっては恥ずかしく、全然可愛いとか素敵だと思わないから不思議です。
流行はまた回ってくると言いますが、またブルーのシャドウが流行るときが来るのかもしれませんね〜

 

アイシャドウの色は時代によって流行がありますが、テレビや雑誌などで最近はブラウン系と言われてちょっと安心。
ブラウン系は30代、40代でも抵抗なく取り入れられるのでありがたいですよね・・・でもこの色は誰にでも似合う色ではありますが、一歩間違うと腫れぼったい目元になってしまうので、塗る場所と濃さを研究した方が良いらしいです。
確かに膨張色なので濃いめのブラウンをアイホールに塗ってしまうと重たーい印象になる危険性があり、単に流行色を取り入れるだけでは流行メイクができないのかもしれませんね・・・あまりにも流行に敏感になる必要はないと思いますが、さりげなくちょっとだけ取り入れるだけでお洒落に見えるのではないでしょうか?

 

本当は教えたくない・・・アイラインの裏技

 

長年のメイクの悩みはアイラインです!アイラインを引くのと引かないのでは顔のイメージが全然違うのでこれだけは譲れない部分です。
でも、私の目は奥二重なので時間が経つと瞼の脂でラインが消えてしまうのです!同じ悩みを持つ人は多いと思いますが、ペンシルタイプのアイラインなんか使った時には、目の周りがパンダのように真っ黒になってしまい大変なことになってしまいます。
出来るだけ落ちにくいものを選んでいるつもりで最近は「泣いても落ちない」シリーズを使ったり、専用のリームーバーが必要なほど落ちにくい物も試したのですが・・・結果すべて夕方には消えています。

 

ぱっちり二重の人に聞くとそんなことはないと言うので、きっと奥二重の瞼の構造が良くないのでしょう・・・重なっている部分に皮脂が溜まってしまうのでアイラインが落ちてしまうようです。
そこで、色々裏技を調べて試した結果・・・アイラインを引いてからベビーパウダーを綿棒で乗せる方法が一番強力で、パウダーが皮脂を吸着してくれるので一日中ラインが消えずに残っていたのです!
少し面倒ではありますが、何度も直すことを考えたら楽ちんで朝のメイクが夕方まで崩れないなんて初めての経験です。
調べてみるとメイクの裏技はたくさんあって、すごく役立つものが多いですよ!

 

 

 

最高のクレンジングバーム↓が見つかる!

page top